16

孫会社の特許料減免等

中小企業等については、特許料、審査請求手数料等の減免をうけることができますが、その中小企業が大企業の子会社である場合には、減免をうけることができません。一方で、中小企業が大企業の孫会社である場合には、直接的な親会社(大企業の子会社)が中小企業に該当するのであれば、減免を受けられる場合があります。 な […]
12

PCT出願に基づく優先権

どのような基礎出願に対してどのような優先権を主張できるか(すなわち、パリ優先権であるか、国内優先権であるか)という点については、弁理士試験においても出題されており、以下の審査基準の表がよく知られています(特許・実用審査基準 第V部第2章 国内優先権の「別添表」)。 弁理士試験で勉強した際には、基礎出 […]
09

無効審判の口頭審理

無効審判の口頭審理は、誰でも見学をすることができ、このサイトにスケジュールが公開されています。こんな会社とこんな会社が無効審判しているんだ~というのが分かって、見ているだけで楽しめます。 無効審判を見学する場合、特に経済産業省別館の第2審判廷は狭く、傍聴人席が、当事者の関係者で埋め尽くされる場合があ […]
06

特許出願の公開日

特許出願は、出願から1年6月後に公開されることになっていますが(特許法64条)、実際には、毎週、木曜日に公開がされるため、1年6月経過後の数日間は、公開にはなりません。通常は、1年6月経過後の2週間以内には公開されます(国内優先権主張をした出願を除く)。また、本人又は代理人であれば、個別具体的な案件 […]
02

WIPOへの直接出願 その2

WIPOを受理官庁にしてPCT出願をする場合としては、①優先権の期限までにPCT出願ができず、時差の関係でWIPOに出願する場合、②他国の特許事務所を通じて手続を進めたい場合、③優先権の回復について「緩やかな基準」の適用を受けたい場合等が挙げられますが、③の場合について、詳細を書きます(①、②につい […]