31

独立請求項への補正と単一性要件について

 前回のブログでは発明の単一性についての欧州での扱いについて述べたので、関連して独立請求項についての各国での扱いについてご説明します。  例えば、以下の請求項があるとします:    請求項1:Aを含む樹脂組成物。    請求項2:さらにBを含む、請求項1に記載の樹脂組成物。    請求項3:さらにC […]
24

EPOの単一性要件について

 EPOは非常に厳格な単一性要件を有しており、日本の出願人としては非常にやっかいに考える人が多いのではないでしょうか。ただし、厳格な発明の単一性要件については、最も不利益を受けるのはEU圏内の出願人であると考えます。  日本の特許出願人は、日本の特許庁の基準に合わせてクレームドラフティングを行います […]
18

EPC54条(3)の規定と自己衝突について その2(先願出願人の立場)

EPC54条(3)の規定に関して、先願の出願人の立場に立って、別の出願人による後願の排除しやすさを考えてみると、先願の出願人にとっては、米国では後願の排除が比較的容易であり、日本、韓国及び中国では、後願の排除がそれなりに難しく、欧州では後願の排除は非常に難しいことになります。欧州では、後願排除のため […]
15

EPC54条(3)の規定と自己衝突について その1(後願出願人の立場)

前回のブログにも書きましたが、日本の拡大先願(特許法29条の2)の規定では、同一出願人又は同一発明者には適用がないことになっているのに対して、EPOにおける同様の規定(新規性違反:EPC54条(3))では、同一出願人等の場合でも適用があります。 この規定についての後願出願人の立場での留意点を以下に述 […]
10

日本弁理士会が提出したEPOの品質に関する意見・要望について

 EPOからの依頼に基づいて、日本弁理士会は、EPOの品質に関する意見・要望を昨年10月に提出していました。それに対するEPOからの回答が、1月8日に弁理士会の電子フォーラムで公開されました。  一般には公開されていないため簡単にのみ記載しますが、日本弁理士会から提出した意見・要望は以下のとおりです […]